トラットリア ラ・パランツァ

 新橋駅の西口をでて歩いて5分程度の第一ホテルアネックス。ツイッターでそれっぽい情報が流れるアカウントをフォローしていて「ピーチとマンゴーフェア」だったのでこれは行くしかないと思い行動に。
前回は2ヶ月くらい前の博麗神社例大祭の帰りに近いからという理由でフォーシーズンカフェに行ったのでそれ以来かな

f:id:midoriseikasan:20180708152819j:plain
f:id:midoriseikasan:20180708152548j:plain
f:id:midoriseikasan:20180708152839j:plain


 こんな感じで並べられていて、今まで言った中で飾りつけと合わせて一番おしゃれだなと感じたのは自分の感性だけでなく、ビュッフェ開始時間前に他の客さん(主に女性)が色々なアングルでスマホ片手に写真を撮っていたので間違いがないと思う。素材がピーチとマンゴーを使っているだけあってどれもさっぱりした後味でクリームのくどさもなく終始美味しくいただけたかなのと。

f:id:midoriseikasan:20180708151151j:plain
 メニューはここに書いてあるのでほぼ全部で税込み2500円からネット予約で10%引きされて2250円とお求めやすい価格。ホテル内だと消費税とは別にサービス税がかかり中々バカにできない金額に膨れ上がる時もあるのでこれはうれしいところ。


 難点と言えば、ここのデザートブッフェは日、祭日しか開催されていないので早々に予約をしておかないと間に合わないことかな

母の日だったのでティラミス

f:id:midoriseikasan:20180511194510j:plainf:id:midoriseikasan:20180514171442j:plain

 最近なにも作っていなかったのと母の日も近かった、兄から花が届けられたという事もあって久々にケーキ作り。食べたい(自分で作る気が合ったかもしれない)という事で材料はあったので生地から手作り。グレーテルのかまどでタイミングよくケーキを作る回だったのでそこから分量を量ってひと段落。クリームの作業に入る際にスマホで調べたら生クリーム、メレンゲが必要だったのでちゃちゃっと攪拌。混ぜて冷やして完成。


 完成はしたけど生クリーム、生地、メレンゲに砂糖が入っているので全体的に甘めだったのと、4時間程度の冷蔵庫ではまだ冷えてなく完成とは言えなかった。完成したところで以前にティラミスを作ったときに参考にしたサイトがPCのお気に入りに残っていて確認したところ生クリームは使用していなかった。どうりで少しクリームが緩かったわけだ


 いつも作った大半は自分で処理していたのだけれど今回に限っては両親がよく食べて3日ほどでなくなった

書くほどでもない製作物3品

f:id:midoriseikasan:20180220112242j:plain
 料理として成功でも実際は何時も作っているものと大して差がない物と失敗の物、まずはシュークリームの皮。和菓子の様に配合の上「生地の状態」によって分量が違ってくるものは苦手。動画や手本を見ないとどれ位の粘度なのか言葉だけで難しいから。

 見ての通り膨らまない。その膨らまない原因がなんなのか特定しないとどうしようもないから余計に悩む。失敗しても材料はちゃんとしているのでチョコレート一欠けら乗せて600Wで10秒温めると美味しい。
ちなみに形が丸くないのは星形の絞りを使用しているから。

 悔しいのでちゃんと作れるまでは挑戦し続ける




f:id:midoriseikasan:20180311141249j:plain
 ハンバーグなんて合いびき肉を玉ねぎとつなぎを入れて捏ねて成型して焼く。母親の作りを見て大まかな流れを知っているのでちゃんとレシピを見ながらはないので試しに。ハンバーグに使うソースも焼いた後にケチャップと赤料理酒、中農ソースを少し煮詰めてたのを作ってたのでここも大して変わらず。結果として塩コショウを振るタイミングと焼く時のフライパンの大きさと油の量で焼き加減が変わってくるだけで余計に時間がかかった。

 改善点は後片づけの事を含め最適化をはかり汚れを少なくするかな。




f:id:midoriseikasan:20180311174523j:plain
 チョコレートがなくなったので購入ついでに米パフが目についたのでブラックサンダーもどき。サクサク、ザクザクの触感は食べてる感があるのでいいけどその触感がやめられずに止められないのが欠点でもある。チョコレートとパフの割合が難しいので3回挑戦してチョコレート100g:パフ25gが個人的にいい感じなので安いチョコレート見つけたらまた食べたくなったらやるかな