読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶあん その2

記事を見たら1年ぶりに挑戦

図書館から和菓子の本を借りてきたのでその通りに作ってみる事に

博麗神社例大祭が近いので日持ちする焼き菓子の「ホイルまんじゅう」を作る前工程として


~材料~
小豆 250g(1袋)

砂糖 282g

塩 一つまみ



f:id:midoriseikasan:20160426223027j:plain

まずは前日に小豆をふやかすために6~8時間たっぷりの水に浸す




・浸した水を捨てて新しい水をたっぷりと入れ、中火で一煮立ちしたらびっくり水を投入

再び煮立ったらお湯を捨てる





f:id:midoriseikasan:20160426224020j:plain

再び新しい水を入れて中火にかけ、沸騰してきたら煮立つ位の火加減で芯まで火が通るまで茹でる

茹で上がったらひたひたより少ないくらいまで茹で汁を捨て砂糖を投入して中火にかける

煮立つと灰汁が出るので丁寧に取り除き、一旦火を止めて冷ます(砂糖が小豆に染み込む為)





f:id:midoriseikasan:20160426230129j:plain

・冷ましておいた小豆を中火にかけ、焦がさないように且小豆を潰さないように絶えず鍋底から混ぜる

水分がなくなりボタッと落ちるようになったら塩を入れて混ぜ合わせ味を調える

バットなどに並べ、乾燥しないように濡れ布巾等を被せながら冷まして完成






~感想~

日曜日に横浜に用事があったので余った時間で和菓子の本を2~3冊見ていたけどどれも前日に水に浸してもどしていた

プロのレシピを文章化して素人が同じものを作れないのは百も承知だけど、豆を潰さない様な工程にはなっていましたね

中には煮立たせないで沸騰したら火を止めて蒸らすと言う方法もありました

本の中には「経験」と「勘」で自分の方法を探してくださいみたいな事も書いてあったので

「正解がない」

と括って悩まずに本を参考程度に取り入れて自分流を探す方が気が楽になりますね




今回は煮過ぎてしまったので少しひび割れた物が多かったけれど、前回の物に比べて粒が大きかったと思います

流石に砂糖を投入一煮たち後の冷ます時間はなかったのでそのまま続行しましたけどそれでもおいしかったです